拒食症|過食症

摂食障害を病院で治療するには何科に行けば良いのか?

投稿日:

 摂食障害の治療に熱意のある先生が何科にいるかは病院によって遣うので、何科にかかるのが適当なのかは、その病院の事情によって異なります。

一般には心療内科、精神科、小児科などが適当ですが、これらの科ならばどこでも対応できるのかというと、そうではありません。生理がないということから、婦人科を受診した吹体重減少のために内科を受診したりする場合もありますが、婦人科だけ、内科だけでは摂食障害を治療するには不充分です匂最近では摂食障害に対する一般の知識が普及しているので、ごく早い時期に精神科や心療内科で適切な治療が受けられるケースも増えています。

摂食障害の治療が受けられる診療科
・精神科
精神疾患をもっ患者さん一般を治療します。

・心療内科
心身症(心の問題に起因する身体の症状)を中心に治療します。

・小児科
患者さんの年齢によっては、小児科でも対応します。

・婦人科
無月経などの症状がある場合、婦人科で治療しますが、その後精神科、心療内科で治療します。

・内科
やせによる低栄養状態などの症状がある場合、婦人科で治療しますが、その後精神科、心療内科で治療します。

 
摂食障害と思われるが疑わしい、あるいは近くに適当な病院がない、どこの病院を受診していいかわからないといった場合には、保健所など公共機関の相談窓口を利用するのも一つの方法です。
無料健康相談などの制度があり、場合によっては病院を紹介してもらうこともできます。まず、カウンセラーを探して相談し、病院を紹介してもらうというのも有効です。

担当主治医はコロコロ変えないほうがよい

 摂食障害は特殊な病態ですから、ある程度はこの病気の治療に慣れている医師でないと治療がむずかしいという面があります。そのため摂食障害の治療で名の通っている施設には患者さんが集中的に受診して、予約がかなり先までいっぱいとなっているのが実情です。

入院が必要な場合も、一つの病院で受け入れる患者さんの数には限りがありまてそれは独特の疾患特性のために患者さん同士がダイエットの競争したり、意識しあってしまうため治療上マイナスになるからです。
摂食障害の治療には年単位の期間がかかることがあります。

そのため、患者さんは治療の途中で治療の効果が不安になり、あちこちの病院を受診したり、すぐに主治医を変えたりすることがあります。これをドクターショッピングといいます。
つまり治療を進めても、すぐに結果が出ないために、次の医療機関に移ってしまうのです。
あるいはささいなことから、治療者に裏切られたと感じ、別の病院へと移るのです。

いったん摂食障害の状態となると、治るまでには一般にかなりの期聞がかかるものです。
精神科の治療は、そもそも本人の治す力を家族や周囲の人たちと一緒に、治療者がサポートしていく作業であり、外科の手術のように患部をメスで取り除いてもらうというようなものではありません。地道な努力が必要で、長い時聞がかかります。すぐに結果が出ないからと、簡単に治療者を変えるのは好ましくありません。

転院すると、検査などを最初からやり直さなければなりませんし、新しい治療者との信頼関係を築くために時間が必要です。治療の経過がわからなくなるため、場合によっては、これまでの治療の積み重ねがすべてむだになってしまいます。「しばらくようすを見る」という姿勢が大切です。

いったん主治医を決めたら、安易に変えないという姿勢が大切です句そのためには疑問点があれば徹底して質問し、患者さんも保護者も納得して治療を受けなければなりません。そうすることによって、治療者対患者さん、治療者対保護者の信頼関係が成立します。この信頼関係の構築こそが治療への近道であることを理解してください。

遠くの名医より近くの良医を選ぶ

 それぞれの治療施設で行う治療は、その施設の持ち味を生かして行われています。いったん治療に対して不信感を持ちはじめると、ほかの治療法や施設に目移りしがちです。

しかし重要なのは、自分が治療を受けている先生の方針について行くことです。
また、有名な先生がいるからといってあまり遠くの病院に行くのもお薦めできません。短い期間ならよいのですが、治療には長い時聞がかかるので経済的、身体的に大きな負担となり、結局は長続きしないということにもなりかねません。

それよりも、受診しやすいところにある病院を選んだほうがよいことも多いものです。
「遠くの名医より、近くの良医を」といった先生がいます。治療はご家族も含めて長期に及ぶので、機動力がないと結局は長続きしないということでしょう。

ピックアップ記事

1

  楽して痩せたい!   スタイルがよくなりたい。キレイになりたい。 色んなダイエットへの思いがありますが、「我慢はつづかない・・・」「しんどいのは続かない・・・」ほとんどの方がそ ...

-拒食症|過食症

Copyright© 拒食症になりたい | 拒食症ダイエットで痩せる方法 , 2019 AllRights Reserved.